半身不随となってやって来たわんこのクー(天使の輪装着)と、保護にゃんの大・おかか・つくね・うずら・ちまき・にまめが毎日にぎやかに過ごしています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょいと体調不良
2008年10月30日 (木) | 編集 |
なんだか風邪っぽくて、鼻水と頭痛・・・時々咳なんかも出ています・・・
でもナゼか仕事中は至って元気 職場が暖かいのもあって、半袖Tシャツで過ごしてるし。
でも、これ以上酷くなりませんよ~に・・・。


うずら:「母ちゃん、わたちが暖めてあげるにゃ
ママ:「うずが隣りで寝てくれるから、とっても暖かいよ

P1000038.jpg
スポンサーサイト
写真展感想②
2008年10月30日 (木) | 編集 |
            ~来場者様写真展感想~

☆動物たちにも感情があります。同じ様な目線で、もっと温かな気持ちで飼ってもらいたいものです。安楽死などを見るとヒトラーのことを思い出します。残酷なことです。もっと愛の手を。
                              新居町・59歳・女性

☆かわいそうです。もっとどうぶつをたいせつにしてほしいです。
なみだがでました。
                              湖西市・5歳・女児

☆処分される犬や猫が多いことに驚きました。「飼う」か「飼えないから処分」の選択肢だけでなく、相談する窓口があればいいかなと思いました。                              
                              
                              浜松市・36歳・女性

☆老犬の介護をしている家族の穏やかな顔が印象的でした。我が家の犬も来月からシニア世代になります。笑顔で優しく介護できる飼い主でありたいです。
                              新居町・36歳・女性

☆命の大切さを感じました。犬や猫がどうしたら幸せになれるかを、
考えたいと思います。                 浜松市・40歳・男性

☆子供が拾ってきた猫が3匹います。最後まで愛していきます。
                              浜松市・52歳・女性

ご来場くださった皆様、感想をお寄せくださった皆様、本当にありがとうございました。 
写真展感想①
2008年10月28日 (火) | 編集 |
2008年10月 ラスト・ポートレート~この世に生を受けて~
イオン志都呂店会場
             ~来場者様写真展感想~


☆こういう写真を見ることで、ペットショップで犬や猫を買おうって思っている人が減るかもしれないし、テレビとかでももっとこういうのをやってほしいと思った。自分も少しでも役に立ちたいと思った。見に来てよかったです。ボランティアさんたち辛いと思うのに・・・ありがとうございます。
                          
                         浜松市・24歳・?

☆言葉が思いつきません。可哀相というより悲しいです。
同じ人間として悲しいです。
                         浜松市・26歳・女性

☆実際にこういった写真を見てとても心が痛かったです。家で犬を飼っているんですが、人間の身勝手で犬や猫を捨ててしまうなんて最低ですね。少しでも多くの命が助けられるよう、私も力になれるようなことがしたいと思いました。
                         豊川市・19歳・女性

☆犬の表情(目)が、可哀相というより怖かった・・・。何か自分が悪いことをした気持ちになりました。

                         浜松市・51歳・男性

☆本(どうぶつたちへのレクイエム)のことはテレビで知りましたが本屋さんに置いてなく、見せていただくことが出来て良かったです。犬を飼ったら家族です。その家族を捨てることなんて、出来るはずがありません。
でも信じられないことに、現実にあるんですね。残念な思いです。じっと見つめてるあの犬たちの目を、忘れることが出来ません。少しでも活動にお手伝い出来たらと思います。見せていただきありがとうございました。
                         浜松市・55歳・女性

☆人が捨てたのになんで殺すの?かわいそう。殺さないでほしい。
  
                         浜松市・9歳・女子

☆我が家でも犬を飼っていますが、とても可愛く、大切に育てています。同じ犬として生まれてきて、こんなにも違う道を歩んでいるのかと思うと
心が痛く、悲しいです。           ?市・28歳・女性

☆切ないです。                浜松市・71歳・男性

☆とても可哀相です。            浜松市・73歳・女性

  
写真展の様子
2008年10月26日 (日) | 編集 |
今年も会場を提供してくださったイオン志都呂店様。開催中も頻繁に、
店内アナウンスで写真展のお知らせをしてくださいました。


 こちらもイオン様側で作成くださった宣伝用ポップ。
 去年使ったものを日付だけ変えていただきました。

P1000032.jpg
涙を流しながら見入っていた女性がいらっしゃいました。出口では声にならず、こちらを見て涙顔で頭を下げて行かれました。子供連れの方も沢山来られました。解りやすく、一枚一枚説明されながら見て行かれました。
P1000030.jpg

P1000028.jpg

P1000016.jpg
写真展~準備風景~
2008年10月25日 (土) | 編集 |
16日木曜日の夜9時から、写真展の準備で会場に入りました。
この日お手伝いいただいたのは、はとちゃんずさん・すずさん・クーパパ。
4人で作業し、全てが終わったのは11時半でした。
本当にお疲れ様でした。


 写真展会場となるホール
P1000001(1).jpg
 画鋲を押す指も痛くなります
P1000003(1).jpg
 だんだん出来上がってきました
P1000006.jpg
 お持ち帰りいただくようにリングやチラシも準備
P1000018.jpg

今週レクイエム展開催
2008年10月14日 (火) | 編集 |
写真展もいよいよ今週となりました。木曜日の夜搬入作業に入ります。
今年も沢山の方がいらしてくださいますように・・・。

...☆。,:*:・★。,:*:・°☆。,:*:・°・★。,:*:・°☆。,:*・...
       
         児玉 小枝さんの写真展
   どうぶつたちへのレクイエム   
   ~この世に生を受けて~
 
      

日時 : 10月17(金)・18(土)・19日(日)日
        11時から21時まで *19日のみ17時まで
      
会場 : イオン浜松志都呂ショッピングセンター
      2階イオンホール

*展示内容*

「明るい老犬介護」
 家族の愛情と介護に見守られながら天寿をまっとうしていく老犬たちの最後の記念写真

「ラスト・チャンス」
 保健所に持ち込まれた子犬の命が救われる最後の機会。
 譲渡会の様子を記録したもの

「どうぶつたちへのレクイエム」
 人間に捨てられ、動物収容施設で殺処分を待つどうぶつたちの最期の肖像写真


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。