半身不随となってやって来たわんこのクー(天使の輪装着)と、保護にゃんの大・おかか・つくね・うずら・ちまき・にまめが毎日にぎやかに過ごしています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人恋しくて
2010年11月28日 (日) | 編集 |
常に周りを気にして警戒体勢でご飯を食べ、慌ただしく帰って行くマダラ。
このところ、マダラが帰るまでケージに入っているのはえいこうではなく
はんぺんです。
外にゃんこたちの晩ご飯が終わると今度は、クーのお散歩ともどきとミー助の
晩ご飯の配達に出かけます。
それが済んで家へ戻って車から降りると、どこからかマダラがやって来ることも。
そしてごろんごろんと寝転がったり伸びをしたり、私の鼻に自分の鼻を当ててみたり。
周りを気にしつつも甘えてきます。
気づいてえいこうやはんぺんが来ないかと、私も周りを気にしながら
マダラとの時間を過ごします。
でもずっとそうしているわけもいかず帰そうとするけど、走れば走ってついて来て、
可愛い声で鳴いて私の顔を見上げます。
子猫の時から見ている子だからすごく懐いてくれていて(ほかの人間は全くダメ)、
だから帰す(?)時は余計に切ないものです。

えいこうとマックローは風邪も良くなって元気復活、食欲旺盛。
えいこうは見張りも復活したようで胸を張って走っています(笑)
物置ハウスではんぺん・マックロー・マッシローと4匹で寝ていたりで、
仲が良いんだか悪いんだか。
甘えん坊のえいこうも、本当はもっと構ってほしいよね。


 本日AM11:00の画像。物置ハウスでくつろぎ中のえいこう。
  左の奥にはマックローも居ました。

P1030473.jpg
スポンサーサイト
問題です♪
2010年11月24日 (水) | 編集 |
            ○○○:「だ~れにゃ」
P1030441.jpg

正解は~

          うずら:「うじゅたんにゃ
P1030442.jpg

昨夜もえいこうが気になって、11時頃物置ハウスを覗きに行きました。
すると、下の段にマックローとマッシローが、上の段にえいこうとはんぺんが
それぞれ寄り添いながらお寝むしてました。
いつも仲良くしてくれていたらいいのになぁ。

風邪っぴき
2010年11月23日 (火) | 編集 |
冷え込むようになって、外にゃ~たちがブシュブシュ言い出しました。
特にひどいのはマックローとえいこう。
クシャミをすれば鼻水が飛び、ご飯を食べる時も切なそう。
なので、病院へ行って風邪薬をいただいてきました。
飲み始めて今日で3日目。
だいぶ症状も治まりました。

夜間は物置ハウスのお布団の下にホッカイロも入れています。
でもえいこうは物置ハウスで寝ているのかどうなのか。
先月怪我をした頃から様子がおかしいえいこう。
その時の相手がはんぺんだったのかと思うような感じ。
それまでは晩ご飯が終われば家の周りを見張っていたのに、それもしなくなり、
足早にどこかへ姿を消していました。
はんぺんが威張り出して居にくくなってしまっていたようで・・・。
それでもこのところ、朝ご飯の時は物置ハウスから出てくることもあるし、
落ち着いてきてはいるかなって思う。

    ママ:「えいこう、どこにも行かないでね」
    えいこう:「行かにゃいよ。ずっとここに居るよ」

P1030453.jpg
通りすがりのこんにゃく君
2010年11月14日 (日) | 編集 |
金曜日の夕方、ご飯を食べ終えたはんぺんが何やら唸ってた。
見に行くとそこには初お目見えの男の子のにゃんこが、
ご飯を食べたそうに近くをうろうろ。
ならばついでにタマ抜きもしていきなさいとケージを用意して、
中にフードをセット。
すかさず中に入って食べ始めたので、近くにあったデッキブラシで扉を閉めて
捕獲完了。
病院では一泊して土曜日に去勢手術とお迎え。
お迎えは夕方クーパパに願いして、リリースもしてもらうことに。
ケージの扉を開けて傾けると走って消えて行ったそうで。
過酷な生活だけど頑張って生きていってほしいな。

ご飯をあげなくても、通りすがりでも、捕獲が出来そうなら捕獲して
避妊去勢手術をしたい。
どこかで子猫が生まれてそして知らず知らず死んでいくと思うと、
自分に出来ることをしたいって思う。


 一応名前はこんにゃく君に(笑)  
    こんにゃく:「変にゃところに来ちゃったにゃ
P1030421.jpg
暖かいね♪
2010年11月12日 (金) | 編集 |
我が家とクーの車椅子を造ってくれた地元の工務店さんのところのさっちゃんが、
エクステリアの相談のために来てくれました。
車の止まる音が聞こえると唸っていたうずは、恐くて隠れる場所を探しまくり(笑)
でも、ほぼ強制的にさっちゃんのところへ連れて行くと手の匂いをクンクン。
すると思い出したのか、テーブルの上でごろんごろんすりすり甘え始めました。

   うずら:「にゃ~んだ、優しいお姉ちゃんだった
P1030408.jpg
 さっちゃんから暖かな毛布もいただいちゃいました。
  いつもありがとう

P1030411.jpg
 その毛布を4等分にして外にゃ~たちの物置ハウスに敷きました。
  まだ半分残っているので汚れたら取り替えます。
 
P1030414.jpg
マダラ通院
2010年11月03日 (水) | 編集 |
火曜日の晩ご飯に来たマダラを見ると上腕部(?)辺りに傷があり、
傷の周りを押さえると膿液が流れ出てきました。
ご飯を食べ終わるのを待ってケージへ。
急いでもどきたちの晩ご飯を済ませたものの掛かりつけの病院まで行っている余裕もなく、
時々お世話になっている近くの病院へと走りました。
病院では恐くて暴れたマダラだけど、先生がふたりがかりで皮手袋をはめて注射を打って
くださいました。
今朝は呼んでも来なかったけど、晩ご飯には元気な姿を見せたマダラ。
長めに効く注射のようなのでしばらく様子見です。

マダラは男の子のえいこうやはんぺんに追われてしまうので、ご飯の時は私がつきっきり。
食べ終わって帰る素振りを見せるとマダラを持って、帰って行く方向の安全な場所へと
連れて行きます。
この時もえいこうとはんぺんには見つからないように。

マダラとはご飯の時にしか触れ合えなくて、それもほんの少しの時間だけ。
マダラはいつもひとりで、常に警戒していて、私がいる時にだけ甘えて、寝転がって、
安心して伸びをして・・・。
帰ってひとりになったマダラは、体も精神的にも休まる時はあるのかな?
寒い夜には少しでも温まる場所はあるのかな?
考えると切ないね・・・。
お外で暮らす子たちは好き好んでそんな生活してるんじゃないのに。

晴れた日の暖かな日差しは、どの子にも優しく降り注いでくれますように・・・。

P1030379.jpg
続・真っ黒い子猫♪
2010年11月03日 (水) | 編集 |
里親さんを募集していたアイズ君ですが、保護主である彼女のお家の子になりました。

彼女はサンちゃんやアイズ君と出会い、命のこと、人と人とのつながりを
沢山教えられたって言ってた。

“素敵な出会いがありますように・・・”

アイズ君を保護した瞬間こそがその出会いだったのかもねぇ(笑)


        アイズ:「ここへ来る運命にゃ
アイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。