半身不随となってやって来たわんこのクー(天使の輪装着)と、保護にゃんの大・おかか・つくね・うずら・ちまき・にまめが毎日にぎやかに過ごしています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負けない
2015年07月25日 (土) | 編集 |
19日(日)の朝、いつもならご飯を催促するのに鳴くこともなく静かで、
私よりもあとにベットから降りただっくん。
ご飯は完食したものの、調子は悪かったんだと思う。

月曜日もいつもよりスローペースでご飯を完食。
夜にはじっとしていることが多く、呼吸が少し早く肉球も冷たく感じました。
23時過ぎ、クーのおむつ替えを急いで済ませ夜間救急動物病院へと走りました。
診察の結果。
特に検査もしなかったからか、これといった問題もなく、今すぐどうこうという
ことはないので明日かかりつけに受診ということで帰宅しました。
かかりつけの袋井動物病院さんと連携病院になっていることもあり、その後すぐに
診断結果データを袋井さんへ送って院長へ電話を入れてくれました。

火曜日の夕方袋井さんへ受診。
血検は異常なしでしたが、念のためエコーをやって判明したのが肥大型心筋症。
途中から涙が止まんなくて、聞きたいことがたくさんあっても何も聞けなかった。
「夜中に何かあったらすぐに携帯へ電話してください」のF先生の言葉は、
本当に心強かったです。

昨日(金)の朝は身体が冷たくて低体温状態。
クーパパに半休をとってもらって病院へ連れて行ってもらいました。
その時の体温36・3℃。
人間並みでした。
院長が診てくださり、脱水からの症状からということで補液をしたそうです。
私が帰宅した14時近くには調子も良さそうでした。

だっくんは胸水が少し溜まってはいるけど抜くほどではないとのことで、
今は心臓と利尿剤のお薬を飲んでいます。
なるべくなら鎮静をかけたくないと思うし。
お水は飲みに立ち、トイレも自分で行って排泄しています。

トイレ中

ただ食餌ができていないので何か少しでもお腹に入れなきゃと思い、カリカリを
ふやかしてペースト状にしてシリンジであげてみたり。
ちゅ~るは摂取しやすいのか、おさじに乗せて口元へ持って行くと自力で舐めて
くれる時もあります。

27年7月24日

夜中はだっくんが気になって何度も確認。
仕事中も不安で、帰宅して無事な姿を見るまでは怖くてたまりません。
だっくんの前で泣いちゃいけないと思ってみても、涙をこらえるのは難しい
ものですね。

 おかか君、だっくんのお顔を舐めてあげていました。

7月22日

 おかかも心配そうに見つめています。
  時々マジ喧嘩しながらも、子猫の時から兄弟のように育ってきたもんね。

大おかか

昨日クーパパが、「月曜日会社休みをとってきた」って言ってた。
「だっくん一緒にいるかね~♡」って話しかけてたっけ。
クーパパに「治んないの?」って聞かれ、「うん」って答えた私にもう何も
聞くことなく、だっくんを撫でていました。

7月24日

体調が悪いながらも昨日今日は少し良さそうな様子で、伸びをすることも
ありました。
今夜は体温も38・1℃です。

だっくんが少しでも苦しくないように。
少しでも状態のいい日が続きますように

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。