半身不随となってやって来たわんこのクー(天使の輪装着)と、保護にゃんの大・おかか・つくね・うずら・ちまき・にまめが毎日にぎやかに過ごしています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然のお別れ
2016年06月21日 (火) | 編集 |
ペットを飼えないアパート暮らしだった友達は6年前のある日、子猫を保護
しました。
保護したばかりの頃はどうしていいのか分からず、里親さんを探そうと
譲渡会へ参加していました。

そのうち自分のお家の子にと決め、大家さんと交渉。
数日後大家さんの承諾も得られ、子猫と暮らせることになりました。
その後また子猫を保護し、2匹の愛猫と暮らしていました。

そんな彼女から先週電話がありました。

「○○○が死んじゃったぁ・・・。」

突然の愛猫の死でした。
ほんの少し前まではいつも通りで、変わった様子もなく元気だったそう。
動物病院では、『心臓発作による突然死』と言われたそうです。

悲しすぎるよね。
つらすぎるよね。
彼女の気持ちを思うと切ない。

その気持ちと同時に、子供たちが愛おしくてたまらなくなる。

だっくんの手♡
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。